Xbox360の話題を中心に、管理人が興味ある事柄を次々と紹介するブログ。
ゲームニュース | ゲーム全般 | 自作物 | レビュー | 雑感インプレッション | 祭り | 映画 | 動画 | アニメ | 音楽 | apple | PC |  | レポート | ブログ | チラ裏 | 未分類 | 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2008年12月12日設置
このブログを検索
最近遊んだゲームなど
読み終わった本など
相互リンクサイト様
箱〇系
サブカル系
Key Sounds Label

OTSU - Key Sounds Label&ゲームミュージック系クラブイベント -

Key Official HomePage

京都アニメーション

地獄通信

その他の言語
ブログの更新率
バロメーター
実績のロックが解除されました
1000G:このブログを1番下まで見る
Microbox 360
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
インフォメーション
最近、音楽制作にハマっています。Mac使いやすい!
更新日
プロフィール

O.G. White

Author:O.G. White
あなたも箱〇生活はじめませんか?

プロフィール詳細はコチラです。
※2009年3月9日更新

持ってる箱〇ソフト

このブログについて
管理人へ連絡
海外版ゲーム買うならココ!
ゲーマーカード&アバター

※もしフレンド登録を送られる方は、「このブログで見た」と言っていただけると管理人は安心します。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
携帯用QRコード
QRコード
Raptr - 最近取った実績
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.03.03 Thu
iTunesと音楽管理
皆さんは音楽管理どうしてますか?



最近はPCで音楽管理をしているという人が多いと思います。
もちろん、CD・レコード・DVD Audio・BD Audioなどでコレクションしている人もいるでしょう。


自分は前者です。
とは言っても、昔はPCなんて無かったので…
もっぱらラジカセのスピーカーから流れる音楽をテープへ録音し、
それをSONYのウォークマン

『WM-EX1』
http://www.sony.co.jp/Fun/design/history/product/1990/wm-ex1.html

で聴いてました。



もう少し時代が流れると、MDが流行り出しました。
テープ録音の面倒臭さに嫌気がさしていた自分は、
早速MDウォークマン

『SJ-MJ33』
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=SJ-MJ33

を購入。
コンポを使ってCDから音楽を録音できる手軽さに感動したのを今でも覚えています。


しかし…いくら手軽とは言っても、
当時はCDからMDへ録音するのに早くても2倍速程度…。
また、肥大化していくMDライブラリーの管理も大変になっていきました…。


そして目を付けたのが『Net MD』です。

『MZ-NE810』
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030509/sony1.htm

PCで音楽管理が出来るという手軽さに引かれて、
発売されて早い時期に買った記憶があります。
『Sonic Stage』という音楽管理ソフトを使い、
PCで音楽を一元管理できる事に再び感動を覚えました。

ソフト自体は使い易いとは言えなかったものの、
その頃はまだ『iTunes』なんて無かった時代…。
『PCがジュークボックスになり、ライブラリから好きな曲を持ち出せる』
という手軽さは衝撃でした。
それまでの“MD増殖地獄”から解放され、
今のiPodの様に
“1枚のMDを使い、気分によって曲を入れ替える”
という聴き方に変わっていったのもこの頃です。


しかし、慣れというものは怖いもので……


そのうち“曲を入れ替える”という行為自体も面倒くさくなり……



2005年、ついに念願の第5世代iPod 60GBを購入。
初代の発表当初から目を付けていましたが、
最初はWindows非対応だったので我慢していたのです。
iPod購入以前からPCの音楽管理をiTunesに変更していた事もありスムーズに移行。
そして『全てのライブラリーを持ち出せる』という感動をまたまた味わいました!

ジョブズの言った通り、これは正に音楽革命だったと思います。
以下、アップルのプレスリリースより引用。

「アップルは、iPodにより、自分の音楽コレクションを全部ポケットに入れて持ち運び、どこででも聞くことができるというまったく新しいカテゴリーのデジタルミュージックプレーヤーを発明しました。iPodは音楽を聞くという行為をまったく違った経験に変えてしまいます。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは語っています。

http://www.apple.com/jp/news/2001/oct/24ipod.html



それから早6年…



私の音楽ライブラリは肥大化し続け……
今では、

曲数:8885曲 全ての曲の合計:24.1日 容量:50.80GB

となっています。



このライブラリの中には、MD時代のモノももちろん含まれています。

私は、PCでの音楽管理は基本的にmp3で管理しています。
mp3が一番汎用性がありますし、音質に関しても高ビットレートであればAACに比べて劣るわけではありません。

しかし、非可逆圧縮であるmp3を使っていても、
やはり音質は出来るだけ犠牲にしたくないと思っています。
外出時にイヤホンで聴いていれば大丈夫でも、
車の中や自室で聴いた時にはやはりCD音質との違いが判りますからね。

なので私は、
最近は出来るだけ『320kbps VBR LAME ジョイントステレオ』で圧縮する様にしています。



音楽を圧縮する本来の目的は、

『CDから取り出した大きなデータを、出来るだけ音質を落とさずに小さくする』

です。

CDからリッピングした無圧縮音源であるwavと圧縮音源であるmp3を比較すると、
mp3は容量が約10分の1になっているはずです。
なぜ容量を小さくするのかと言うと、
限られたPCやポータブル機器のHDDにより沢山保存する為です。

しかし嬉しい事に、
最近ではHDDもかなり安くなってきていて、
2TBが8000円程で売られる時代になりました。
これは何を意味するのか…?

そう!
無理に圧縮せずとも、CD音質のままHDDに保存・管理する事が現実的になってきたということ!



圧縮音源は“人間に聴こえない音域をカットする“ことで、
容量を小さくしています。
“聴こえない音域”とは言っても、やはり限界があります。
それに、しっかりとしたオーディオ環境を整えれば整える程“圧縮音源とCD音質との違い”は気になっていきます…。






前置きが非常に長くなりましたが……



「私もそろそろ可逆圧縮で音楽を保存しよう」と思い始めました。

可逆圧縮というのは『CD音質を保ちながら容量を約半分にする』という魔法のような圧縮方式の事です。
反対に、mp3に代表されるような圧縮方式は非可逆圧縮と言います。
可逆とは字からもわかる通り「戻す事が可能」、
非可逆は「戻す事が不可能」
ということ。

つまり、

可逆圧縮を使えばデータに欠落が無いのでCDと同じ音質のまま圧縮できる。⇒そのかわり圧縮率は低い。
非可逆圧縮を使えばデータを間引くので音質が下がる。⇒そのかわり圧縮率は高い。



わかり易く書くと…

・無圧縮:wav
 音質:CD
 容量:100のとき

・可逆圧縮:FLAC,ALACなど
 音質:CD
 容量:50

・非可逆圧縮:mp3,AACなど
 音質:劣化
 容量:10



となります。



可逆圧縮で保存しておけば、

・将来しっかりしたオーディオシステムを買った時に後悔しない
・CDに焼いても音質は無劣化
・wav,FLAC,mp3など、好きな形式を作れる


など利点がいっぱいです。


可逆圧縮で最も普及しているのはFLAC形式です。
FLAC形式はフリーで開発されている形式で、
いくつかの音楽配信サイトでも使われています。
詳しい事は割愛しますので、知りたい方は各自でググって下さい。

問題は「iTunesで音楽管理をしている私が使える可逆圧縮形式はどれか?」です。

iTunesが対応している可逆圧縮形式はAppleが開発した

『Apple Lossless Audio Codic (ALAC)』

という形式だけになります。
尚、無圧縮のwav形式には対応しています。



私はiTunesを使っていて、
将来もずっと使い続ける予定なのでALACで管理する事にしました。
しかし、いくらwav形式の半分の容量になると言っても、
mp3より遥かに大きいファイルサイズとなります。
そのままでは60GBのiPodがすぐに一杯になってしまう…。


なので、
『iPodで聴く時はmp3、家で聴く時はlossless』
と使い分ける事にしました。


つまりiTunesのライブラリにmp3とALACの2つが出来る訳です。
その上で、iPodにALACを同期させない為に『チェックした曲とビデオだけを同期』にチェックを入れて、ALACの曲のチェックを外す。
こうすれば、iPodにはALACは同期されなくなります。

iTunesで音楽を聴くときは高音質のALACで聴きたいですよね?
なので、すばやくALACのファイルにアクセス出来るようにスマートプレイリストを作りましょう!



『ファイル』⇒『新規スマートプレイリスト』でスマートプレイリストを作成し、
条件として『[種類が] [Apple ロスレス・オーディオファイル] [である]』とします。
こうしておけば、iTunes上のALACファイルだけが自動的に抽出されるようになります。


ここまでは良かったのですが…問題はmp3音源を聴く時です。



大半の人はiTunesで音楽を聴く時に『ミュージック』からアルバム名などで検索して曲を見付けますよね?
そのように検索するとmp3とALACの両方が表示されてしまい、
同じ曲が2曲並んで表示されてしまいます。



これではアルバム単位で曲を聴きたい時に非常に面倒臭い…。



なので、私は曲情報の『グループ』の項目に『Apple Lossless』と入力して、ソート出来るようにしました。
グループの項目はメニューの『表示』⇒『表示オプション』から設定できます。



このようにして、何とか暫定的にですがmp3とALACの管理・使い分けが出来るようになりました。
しかし、なんとなくスマートさに欠けるので…もっといい方法がないかと模索中……。



「こんな風にすると、もっと便利だよ!」等の意見がありましたら、
コメント頂けると嬉しいです♪^^;



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽
音楽    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by masa_rst
iTunes9.1~であればiPodオプションの「ビットレートの高い曲を 128 kbps AAC に変換する」を使うのはどうでしょうか。ライブラリーにロスレスのみ入れておけば、自動的に圧縮されてiPodに転送されます。初めて同期する曲があるときは時間がかかりますが。
2011.03.03 Thu 22:45 URL [ Edit ]
コメントありがとうございます。 Posted by O.G. White(管理人)
>masa_rst さん

『ビットレートの高い曲を128kbpsに~』は便利な機能だと思うんですが、個人的に128kbpsは低過ぎるんですよね。
192や256なら使うんですが…。

ビットレートを選択できるようにして欲しいです。
2011.03.03 Thu 23:37 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://achievementbox.blog121.fc2.com/tb.php/432-874f2370

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。